kb10uyとオンゲキ

2018/12/03

無断転載の倫理観で大言壮語大安売り~

これは、kb10uy Advent Calendar の3日目の記事です。

オンゲキについて

オンゲキは、2018年7月26日より稼働開始したSEGAによるこれからを奏でていく新感覚音楽ゲームです。赤青緑のボタン2セット、左右の壁ボタン、そして中央のレバーを操作して、楽曲ごとに設定されている対戦相手から放たれる敵弾をよけながら相手を倒します。(あってるよね?)

キャラクターのスキルやレベリング要素、そしてストーリーの存在などから、音ゲーというよりはソシャゲであるという見方も存在します(実際kb10uyも音ゲーとソシャゲのハイブリッドだと思っています)。そのほかにもチュウマイやそれ以外の音ゲーには存在しない概念がいろいろあるので、詳しくはぐぐってください。

kb10uy のオンゲキ歴

kb10uyは記録の限りでは8/7に初めてオンゲキをプレイして、9/8に金レ10/29に虹レを達成しました。kb10uy的には驚異的な成長速度です。チュウニズムは2年ほどやってレートがいまだに13.72ですからね。そしてつい先日プレイ曲数が1000を超えたので、プレイヤーレベルが一周するまであとわずかといったところです。

ここがいいぞ!オンゲキ

1. 全体的にかわいい!

やはりこれは外せないでしょう。音ゲー関係ないやんけという意見もあるかもしれませんが、これこそがオンゲキがオンゲキたるポイントの一つでしょう。

プレイ中にレバーやノーツにあわせて画面下部のSDキャラ(3D。コラボではちゃんと制作されている。すごい)が移動したり攻撃を繰り出したりするわけですが、これが非常にかわいい。しかも一部のシュータードレスがどエッチ色気満載でますますプレイ意欲をそそられます。

2. 脳トレ度が(比較的)高い!

体力のないおたくでも安心!(本当か?)

もちろんオンゲキにも体力譜面は存在しますが、要求される動作の激しさはチュウニズムやmaimaiと比べると控えめなので、安心して連奏できます。(待機プレーヤーがいるときの連コはやめましょう)

3. 描き下ろしカードが多い!

オンゲキのキャラクターはもちろんのこと、コラボイベントのカードもQP:flapperさんの描き下ろしが多数存在します。

4. 空いてる!

いいことなのか? 

5. 譜面の自由度が高い!

レーンの制限がない音ゲーはほかにも存在しますが、オンゲキはノーツが流れてくるフィールドとノーツが乗るガイドライン(ガイドするとは言ってない)も形状の自由度が高いです。

これにより、譜面の形状や色による表現力が非常に高くなっており、(kb10uy的には)楽しみの一つともなっているわけです。

ここなんとかして!オンゲキ

1. ガチャが渋い

いやいいんですけど、せめてピックアップぐらいやってほしいなあとは思わなくもないです。

2. -100号

今更ですね。でもカミサマネジマキはYURUSHITA

3. もうちょっと難易度バランスを考慮してほしい

100曲いったばかりとはいえ、14がちょっと多すぎる気がします。

4. 定数がバグり気味

特に13の定数がガバガバだと個人的には思っています。まあこれはいずれアプデや新作で修正されるでしょうし、気にしすぎないほうがいいかもしれませんね。

5. 譜面の自由度が高すぎる!

僕はSeaurchinのメインコントリビューターなのですが、オンゲキの譜面を見て「これは無理だな」と思いました。僕以外の時間が有り余っている方にお願いしたいです。

kb10uyのお気に入り

結城莉玖さん

がおーー!!

結城莉玖さんはメインストーリーでは第1章チャプター3にて高瀬梨緒さん藍原椿さんとともに登場します。

CVは朝比奈丸佳さんです。他の作品だとNEW GAME!!の桜ねねさんなど。ちなみに、ねねっちと莉玖さんは誕生日と血液型が一致しています。

P!P!P!P!がおー!!

同結城莉玖さんのキャラソンですね。コンポーザーはけいおん!でおなじみのTom-H@ckです。

歌詞はぶっちゃけまだよくわからない(12/19が待ち遠しいですね)んですが、間奏の左フリック

みんな Happy!!

「作詞作曲: ヒゲドライバー」。脳がヒゲドライバーに最適化されたぼくたちにぴったりの曲です。あと藤沢柚子さんの歌声がエモいです(語彙力不足)

Maqrite

コンポーザーは owl*tree です。もうおわかりですね

ちなみにローマ字読みで逆から読んで「Teriqma」というアレがMaqriteの初お披露目の際に発表されており、実際に曲中にもTeriqmaと似たフレーズが出現します。チュウニズムの譜面も一部再現されていてowl*treeおたくの僕は大喜びです。

Paqqin

チュウニズムからの移植です。つまりオンゲキ初出というわけではないので別にここで語るべきこともないのかもしれませんが、それでも記載したのはMaqriteと並べるためです。

MaqriteとPaqqinに共通する譜面の特徴として、「赤緑緑青の4ボタンの配列が頻繁に出現する」というものがあります。これがめちゃくちゃ気持ちいい。やればわかる(?)

Kattobi KEIKYU Rider

譜面芸の極致といえる譜面ではないでしょうか。ぜひ確認していただきたい。

おわり

多分もっと書きたいことが無意識の中に存在してるので、気が向いたら追記します。